ブログ

住宅ローン審査が通らない!?こういう時、どうする??

2022.09.20

猫は正義

 

どうも、私です。

 

猫は可愛い、可愛いは正義、つまり猫は正義という方程式です。

 

さて、そんな猫が可愛い毎日ですが、日本は今マイナス金利時代です。

 

これもいつまで続くか不安なご時世になっておりますが、マイナス金利のうちに住宅ローンを組んでおこう♪とお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

しかし「住宅ローンを組んでおこう♪」というノリでは通らないのが住宅ローン審査。

 

そう。住宅ローンを組むには審査があるのです。

 

実際、住宅ローンの審査に通らない確率は1割程度と言われており、平均10組に1組。そんなに低い確率でもないわけですね。

 

「収入もあるし、勤続年数も経っているのになんで?」という場合、色々と見落としている事がありそうです。

 

なぜ審査に落ちたか分からない、という方の為に住宅ローン審査で落とされると言われている理由をまとめてみました。

 

住宅ローンはどうやって借り入れするの?

思い立ったが吉日ではいかない住宅ローン。

 

仮審査で受かっても本審査で落ちてしまう場合もあるので、長期的な計画が必要です。

審査だけでも2~3か月かかる場合もあるので、計画には余裕をもって取り組むのが安心です。

 

近年では、銀行や信用金庫などの店舗へ足を運ばなくても、スマホやパソコンからの申し込みが可能な場合もあり、ネット銀行を利用すれば24時間どこからでも申し込みが可能で大幅な時間削減にもつながります。

 

インターネット上で住宅ローン審査が通りやすい金融機関を探したり、比較も出来ますので是非試してみてください。

 

住宅ローン審査に通らない!?忘れがちな見落としポイント

審査に何度か落ちている経験を持つ方々は、大切なことを見落としているかもしれません。

 

審査基準は年齢や年収以外にも健康状態や勤続年数など、継続的に返済できる能力があるのかをチェックされます。

 

それらを全てクリアしているのに落とされる場合は・・・

 

・過去10年の間に自己破産している

・クレジットカードを大量に所持

・クレジットカードの未納

・マイカーローンや奨学金など返済中のものが複数ある

・税金滞納

・携帯料金の未払い

 

などがあげられます。

 

特に見落としやすいのは、クレジットカードを複数所有しており限度額が数百万単位になっている場合。

 

遅延・滞納経験がなくても、何度も借り入れていると認識されますのでご注意を!

 

そこ!?住宅ローン審査に通らない意外な落とし穴!

未納や遅延などがなくても、住宅ローンが通らない場合が少なからずあるんです。

携帯の機種代金が分割払いだから、確定申告を行っていなかったから・・・など、調べてみるとそんなトコまで?と思うような意外な落とし穴があるんです。

 

また、中古住宅購入の場合ですと、売主が通称“ブラックリスト”に載っていると買う側も住宅ローンが組めないことがあるそうです。

これは買う側に何か非がある訳ではないので、どうしようもないのですが・・・まぁそんな事もあるという事ですね。

 


 

「何度か住宅ローンの審査に落ちた事があるよー」という方、もしくは「これから住宅ローンを組んでみたいよー」という方、思い当たる点はありましたでしょうか?

 

携帯料金や税金、クレジットカードの請求のうっかり滞納の代表「引き落とし口座に入金するの忘れてた!」というのは経験した事がある人も少なくないかもしれません。

 

いざという時、ローン審査をサラッとカッコよく通過できるよう、日々の金銭管理には気を付けたいものですね(´-ω-`)

 

 

 

 

 

 

※一部いえらぶコラムより引用

 

 

【イベント情報】

 

 

【不動産情報】

 

【資料請求】                     

 

 

 

【採用情報】

 

友だち追加