生活の知恵袋

鏡がピカピカ✨

2021.06.06 生活の知恵袋

洗面所やお風呂場にある鏡、水滴あとや石鹸、歯磨き粉がこびり付いていたりしてお掃除に気を使いますよね?通常はガラス用洗剤、もしくは中性洗剤などで掃除しますが、それ以外にも以下のような方法も効果的だそうです。

 

☝🏼ジャガイモの皮を使う

ジャガイモの皮で鏡を拭いたあと、から拭きすると汚れがキレイにおちます。
ジャガイモにはサポニンと呼ばれる成分が含まれています。 サポニンには石鹸などと同じように界面活性作用があり、 汚れを包みこんで落とす働きがあります。
ただし、サポニンの界面活性作用は石鹸ほどではありません。

☝🏼化粧水を使う

化粧水をガーゼもしくはコットンにしみ込ませてそれで鏡を拭き、 布でから拭きして仕上げます。
汚れ落ちと同時にくもり止めの効果も期待できます。
化粧水以外でもアフターシェーブローションやオーデコロンなど、アルコールが含まれているものなら代用がききます。

☝🏼くもり止め

くもりは周囲の温度が高く水蒸気の多い環境で、温度の低い鏡に無数の小さな水滴がつくことで生じます。鏡にヒーターをつけて温度差をなくし、くもり止め対策とする商品もありますが、
だれでも手軽にできる方法もあります。

ポイントは鏡表面に皮膜をつくってやることです。
薄めた台所洗剤や石鹸液などで鏡表面を拭くのが最も簡単な方法です。
効果は何日も持続しませんが、少なくとも1回の入浴などでは十分にキープできます。

☝🏼カビ対策

鏡にカビなどの黒い点々が見られたなら、まず市販のカビ取り剤をつけて15分ほどしたのち、水で洗い流します。仕上げに消毒用エタノールをスプレーしておけば、カビが付きにくくなります。

カビ取り剤は皮膚などにつくと炎症を起こしやすいのでゴム手袋やゴーグルなどをはめて作業するといいでしょう。またカビ取り剤は汚れなどと反応して少しずつ塩素ガスが発生することがあるので、換気をよくして作業をするようにしましょう。

カビは湿度が70~80%、温度が20~30度の環境でよく繁殖するので、浴室や浴室に近い洗面所は特にカビが生えやすい環境です。カビの栄養分となるせっけんかすなどが残らないよう普段から綺麗に掃除し、換気をよくして湿気がたまらないように心がけるといいでしょう。

 

※生活知恵袋引用

関連記事